名作PV観測室

中の人知らなくても言葉がわからなくても面白い、ジャンル・年代問わないプロモーションビデオの名作・迷作を、動画付きで紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


この冷たい11月の雨の中で

NovemberRain1

Guns N' Roses 「November Rain」







ガンズです。ハードロックと言えば必ず出てくるバンドの一つ。
しかし現在このメンバーはほとんど脱退していてこの頃の面影はありません。
今思えばすさまじいメンバーだったとシミジミ思います。残念。

で「November Rain」
アクセル(ボーカル)が音楽人生を賭けてでも作りたかった作品の一つだけあって、超大作という名がふさわしい完成度になっています。
最後がやや唐突なのが悔やまれますがストーリーも一貫しています。
ハッピーな感動作品と思いきや、最後の不吉な盛り上がりで冒頭の伏線が消化されて、前半とは180度違った作品に様変わりします。
歌詞の方では

'Cause nothin' lasts forever
And we both know hearts can change
And it's hard to hold a candle
In the cold November rain

永遠に続くものは何もない
僕たちも気持ちが移り往くものだってことぐらいわかっている
だから灯火を掲げ続けるのは辛いことなんだ
この冷たい11月の雨の中で


「絶望(11月の雨)はどうしようもない」ということが歌われています。
やはり暗い歌なのか?というとそうではなく、最後には「永遠に続くものは何もない。だからこそ11月の雨もいつかはやむはずだ」と括られています。
つまり「絶望を踏まえた上での希望の歌」といった感じでしょうか。

んでもって、スラッシュ(ギター)がカッコよすぎ。

November Rain2


「夕暮れの荒野の教会の前でギターソロ」という、よくありそうで実はなかなか無い、超臭いシチュエーションがここまで似合う男はそう居ないんじゃないでしょうか。
このシーンだけで既にある意味で感動作品になってます。
明らかに主役のアクセル(というか曲自体)くってるような気が・・・。

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ


関連PV:[Guns N' Roses 「Welcome to the Jungle」]


評価:
(゚∀゚)イイ!
rank

(´・ω・) ビミョウス
他のPV検索
スポンサーサイト
感動・泣き

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kansoku.blog52.fc2.com/tb.php/19-66fc51c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。