名作PV観測室

中の人知らなくても言葉がわからなくても面白い、ジャンル・年代問わないプロモーションビデオの名作・迷作を、動画付きで紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


「ジェレミーは今日教室で”うるさかった”」

jeremy

Pearl Jam 「Jeremy」






前回ニルヴァーナを紹介したので、今回はパールジャムをご紹介。

ニルヴァーナってなんじゃい?と言う方は、出来れば先にこちらをご覧ください。

ニルヴァーナとほぼ同じ時期(グランジブーム)最盛期を誇ったバンドです。
日本ではニルヴァーナに比べると知名度は落ちますが「U2」「REM」「パールジャム」で世界三大バンド(まぁ世界三大バンドはいろいろ説がありますが)に数えられたほどのグループ。
正確には彼らの音楽はグランジではなく、また本人たちもグランジと呼ばれるのを嫌ってましたが、時期が時期だけに常にニルヴァーナと並び比べられる存在でありました。

さてそんな彼らの問題作「Jeremy」
エディ・ヴェダー(ボーカル)のあざ笑うような表情が素晴らしい。
問題の内容(ストーリー)ですが

At home, drawing pictures of mountain tops, with him on top
Lemon yellow sun, arms raised in a V
The dead lay in pools of maroon below

Daddy didn't give attention
To the fact that mommy didn't care
King Jeremy the wicked, oh, ruled his world
Jeremy spoke in class today
Jeremy spoke in class today

家で彼が頂上にいる山頂の絵を描いている
レモンイエローの太陽、腕はVの字に広げて
そして下には茶色の水溜の中に死体が横たわる
父さんは気をとめなかった
母さんが世話してないという事に
邪悪な王様ジェレミーは自分の世界を支配した
ジェレミーは今日教室でうるさかった
ジェレミーは今日教室でうるさかった


とまぁ一番の歌詞を見ただけでも、非常に重い題材を扱った作品だと分かります。

曲も重いですがPVはもっと重いです。
親やクラスメートから冷たくされている子供(ジェレミー)が苦悩しているというのはなんとなくわかるんですが、最後の驚いているクラスメートのシーンが一度見ただけではよく分かりませんね。
私はジェレミーが拳銃でクラスメートを射殺したのかと思ってました。
実はこれ、イジメを受けていた少年が授業中に拳銃自殺した、テキサスでの実際の事件を元にして作り上げられた作品なんです。
メンバーが地元の新聞を見てインスパイアされ書き上げたそうで。
最後のシーンは自殺したジェレミーに驚いているんですね。
「ジェレミーは今日教室でうるさかった」の意味は拳銃自殺のことだったわけです。
このPV、あまりにショッキングな内容のため社会問題になり、未だに海外でこの手の問題が起こるとあらゆる場面で「ジェレミー」の名が出てきます。

余談ですがエディ・ヴェダーは「音楽がなければジェレミーのように自殺していた」と語ったそうですが、彼らの盟友とも言うべきカートコバーンは”音楽によって”ジェレミーのように銃で自殺してしまいました。
皮肉なことです。


Rearviewmirror: Greatest Hits 1991-2003Rearviewmirror: Greatest Hits 1991-2003





関連PV:[Pearl Jam 「Do the Evolution」]



評価:
(゚∀゚)イイ!
rank

(´・ω・) ビミョウス
他のPV検索
スポンサーサイト
感動・泣き

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kansoku.blog52.fc2.com/tb.php/35-4449c6b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。